発達障害、自閉症、ADHDとは(多摩区、麻生区)

近年、発達障害と呼ばれる児童(小中学生)は40人学級で1クラスにつき2~3人いると言われ、しかもこの人数は増え続けています。

発達障害の原因には諸説ありますが、環境的因子及び遺伝的因子があげられています。
1990年テキサス大学のDr.ケネス・ブラム教授(精神薬理学、遺伝子学、依存症医学)によって「ドーパミンD2受容体のA1対立遺伝子」という異状遺伝子が指摘されました。この遺伝子をもつ子供達には脳内の報酬系と呼ばれる部位で正常な連鎖的化学物質の伝達が行われない可能性があります。嬉しい、悲しい、怒り、愛情、憎しみ等29種類の人の感情の全てはこの部位で生まれるとされています。

ドーパミンは脳内報酬系でいい気分、充足感に関係する化学物質です。この部位に生まれつき異常がある人には報酬欠陥症候群(RDS)と呼ばれる問題が存在して多動性、衝動性、強迫性の問題がおこりやすくなります。

発達障害に対する一般的対処法には心理療法、行動療法、薬物療法があります。つまり心(メンタル)と身体の発達、改善を促すものです。メンタルの改善には音楽、運動などを取り入れた様々な療育手段による社会的コミュニケーションスキルの向上が効果的に用いられています。

他方の身体的対処法としてはメチルフェニデート(ストラテラ、コンサータ)などの薬物療法が採用されますが、これには多くの研究者や医師達が警告を発しています。

米国では20年以上も前から薬物療法の代わりにアミノ酸サプリメント療法、トルクリリーステクニック及びニューロオリキュロセラピーという自然な方法を採用して、多くの子どもたちを回復させている研究者グループがあります。私達はこれらの自然療法を推奨しています。

発達障害とは

auriculotherapy_img_02達障害は、生まれつき脳の発達が通常と異なっています。その他に家庭環境や教育環境など様々な環境的素因により影響を受けます。家族や周囲の人々の正しい理解と適切な支援により困難を克服し、成長を続けることが可能になります。

発達障害には自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、トゥレット症候群などがあり、これらは生まれつき脳の一部の機能に障害があるという共通点があります。一人の人にいくつかのタイプの発達障害があることも珍しくありません。

発達障害の種類

1、広汎性発達障害

コミュニケーション能力や社会性に関連する脳の領域に関係する発達障害の総称です。
(自閉症、アスペルガー症候群のほか、トゥレット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害を含みます。)

自閉症

言葉の発達の遅れ・コミュニケーションの障害・対人関係・社会性の障害
パターン化した行動、こだわり、などの特徴をもつ障害で、3歳までには
何らかの症状がみられます。また、半数以上は知的障害を伴いますが
知能に遅れがない高機能自閉症の人々もおり、症状は軽いが同質の障
害がある場合は自閉症スペクトラム障害と呼ばれ今日約20人に1人存在し
男性に多く、一家族に何人か存在することもあります。

アスペルガー症候群

自閉症に含まれる一つのタイプで、自閉症の症状と「興味や関心のかたより」が含まれ、幼児期に言葉の発達の遅れがなく、障害があることが分かりにくいのですが、成長とともに症状が顕著になってきます。また興味を持っている事柄には、すぐれた能力を現す人もいます。

2、注意欠陥多動性症候群(ADHD)

年令不相応の多動、衝動性、又は不注意などが7歳までに現れ、小学生の間では
3~7%に存在し男性には女性よりも数倍多く存在します。
多動、衝動性の症状としては、座っていてももじもじしてじっとしていられない席を離
れる、おとなしく遊んでいられない順番を待つのが難しいなどがあります。

不注意の症状では集中し難い、忘れ物や紛失物が多い、宿題などを避ける、やること
を最後までやらない、作業の段取りが悪いなどがあります。
(参照:厚生労働省、みんなのメンタルヘルス)

3、学習障害(LD)

全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の事柄のみ
がとりわけ難しい状態をいいます。有病率は、確認の方法にもよりますが2~10%と見
積もられており、読みの困難については、男性が女性より数倍多いと報告されていま
す。

発達障害の原因

image001

 

各種の発達障害は脳科学的に報酬欠陥症候群という共通した問題を抱えた同じ障害の異なる症状だと言うことが近年の研究で分ってきました。
仕事、食べ物、セックス、ギャンブル、薬物の5種類のアディクション(依存症)及び強迫性障害と発達障害は全て一つの原因による異なる症状であると言われています。

これらの全てを「報酬欠陥症候群(RDS)」と呼んでいます。1990年テキサス大学のDr.ケネス・ブラムによって”ドーパミン D2受容体”の”A1対立遺伝子”という遺伝子の異状が発見されました。これが全ての5種類のアディクション(依存症)、及び強迫性障害、発達障害を持った子供達の原因になっているものであるとされています。

これには異論を唱える学者もありますが、元米国アディクション医学会会長Dr.デヴィッド・スミスを初め多数の世界の著名な脳科学研究者、アディクション研究者達が支持しています。

薬による発達障害治療の問題点

s_1239896_579232378790093_370285005_n

 

今日米国ではメチルフェニデート(リタリン、日本国内ではストラテラ、コンサータなど)が多く用いられています。しかし、これには大きな疑問があります。

ADDやADHDの人達には神経細胞がドーパミン(喜びの感情をつくり注意を制御する神経伝達物質)に反応しにくくなる遺伝子の異常が存在します。Dr. ブラム等の研究によるとADHDの子供達の49%にD2ドーパミン受容体のA1対立遺伝子が存在します。

米国の研究がADHDの子供達は通常の人に比べて後にアルコールやその他の薬物乱用に陥る可能性が5.5倍あることを示しています。問題はADHDの人は将来依存症になる可能性があるということです。

ADHDの原因となる脳内の神経化学的バランス異状は衝動的、依存的、強迫的行為を引き起こすものと同じものです。それゆえリタリンやコンサータなどの依存性の強い代用物質を与えることには
警鐘を唱える学者や医師達がいます。(参照:Reward deficiency syndrome: genetic aspects of behavioral disorders, David E.ComingsKennethBlum

 

薬を使わず副作用がない最新の対処方法

トルクリリーステクニック
PA150016-2-2
s_PB230093

発達障害の原因である、脳内神経伝達物質の伝達異常に対する施術法です。
まず、アキレス腱反射を使った神経学的検査で、脳と脊髄の変調を起こしているポイントを探し出します。そこにインテグレーターという神経調整器具で変調を起こしているポイントに3次元の衝撃波を与えます。(無痛です)神経系は正常な状態を取り戻し、脳内神経伝達物質による正しい脳報酬連鎖反応が促されます。

ニューロオリキュロセラピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニューロオリキュロセラピーは耳介に存在する7つの神経終末を用いた臨床神経学に
もとづく施術です。神経の周波数の乱れを検知して正しい周波数にリセットすることで
正しい働きを回復します。

アディクション(依存症)、強迫性障害(学習障害、発達障害、ADHD、ADD、自閉症スペクトラム障害、など)の症状を抑える効果が認められています。

さらに施術の対象になる身体問題の幅は広く、頭痛、慢性腰痛、高血圧、喘息と多岐
にわたりWHOでは350種類の症状および疾患に効果があるとしています。

施術方法は、耳介にある4つの脳神経と、3つの頚神経節の終末にマイクロボルトの微
弱電流機器を用いて働きかけ、神経の周波数の乱れをリセットします。薬物の投与など
は一切ないため、副作用が全く無い安全な施術方法です。

※2001年米国で行われた約4300人の報酬欠陥症候群(薬物依存症)患者を対象に行われた大規模研究で、オリキュロセラピー及びトルクリリーステクニックが採用されて今までにない驚くほどの効果が確認されました。( Jay M. Holder, Robert C. Duncan,Matthew Gissen., Michael Miller, and Kenneth Blum, American College Of
Addictionology & Compulsive Disorders, Miami Beach, Fl., University of
Miami School of Medicine, Miami, Fl., Village/Exodus Addiction Treatment Center,
Miami, Fl. and University of North Texas, Denton, Tx.)

神経伝達物質置換療法(アミノ酸サプリ療法)

人の行動、認知能力、集中力、記憶、気分、睡眠、のどの渇き、食欲、俊敏さ、感情は
神経系の働きによっています。全ての細胞の大部分はアミノ酸によって構成されていま
す。神経系の働きの殆どはアミノ酸とその生化学物質、ビタミン、ミネラルによっています。

神経伝達物質もアミノ酸で構成されています。例えばセロトニンはLトリプトファンから生成され、ドーパミンとノルエピネフリンはLフェニルアラニンとLチロシンから生成され、エンドルフィンとエンケファリンのレベルはDフェニルアラニンとグルタシオンによって上昇します。

それについては多数の研究がなされアディクション回復、強迫性障害、発達障害改善
の明らかな効果が示されています。薬物の欲求や禁断症状、衝動性、強迫性は脳内の
報酬センターに於ける神経伝達物質や酵素に関わる機能異常です。今日までのアミノ
酸の研究でストレスの低下、うつの改善、グルコースや神経伝達物質受容体の機能を
改善し、セロトニン、ドーパミン、エンケファリン、タウリン、GABA等の適切なレベルを改善させられることが報告されています。

お勧め本:「クリーンにしらふで生きるために」 監訳:遠藤光政 アマゾン、kindle版。

専門書:「報酬欠陥症候群」 監訳:松本俊彦 国立精神神経医療研究センター 翻訳:遠藤光政、川口衆

 

お問合せ:(火、水、金、土 午前:10:00~午後7:00)
登戸カイロプラクティック(発達障害研究所)

住所:川崎市多摩区登戸3463/登戸駅徒歩1分)
電話:044(933)9547

登戸カイロプラクティック 遠藤光政D. C.